ロックファスナーは、米国エスナ社より直接技術提供を受けた日本で唯一のナイロンナット製造メーカーです。

会社概要

会社概要

代表あいさつ

私たちロックファスナーは、1966年の創業以来、主力製品であるゆるみ止めナットや特殊ナットの製造を通じて、お客様から必要とされる会社を追い続け、気づけば半世紀を超えるまでになっていました。そして、今や身近な生活空間からエネルギー、輸送機など、あらゆる分野で私どもの製品をご活用頂いております。
こうした中、今後もお客様から必要とされる企業であり続けるためには、「更なる品質の向上」を置いて他にはありません。もちろん、品質とは、単に製品の精度を高めることだけではありません。お客様のあらゆるご要望に対して、臨機応変かつ迅速にお応えすることもまたそれ以上に大切です。
一方、社員を大切にするというのもロックファスナーの大きな使命だと考えています。そのために、常に職場環境を見直し、改善していきます。製造業の現場は汚れていても良いというのは過去の話で、この職場環境の改善こそが、品質を更に一歩引き上げることにも繋がると確信しています。
ロックファスナーは、今後もお客様に必要とさる会社であり続けます。そして、そのためには、あらゆる挑戦を惜しみません。どうぞ、今後の活躍にご期待下さい。

経営理念

私たちはお客様に必要とされる企業
社員が会社を誇りに思える企業

そして社会に広く貢献できる企業
を目指します。

会社情報

社名 ロックファスナー株式会社
所在地
本社
〒581-0814 大阪府八尾市楠根町4-22-3
TEL 072-997-9990FAX 072-997-0115
京都工場
〒629-2311 京都府与謝郡与謝野町字幾地164-5
TEL 0772-42-6200FAX 0772-42-6202
創業 1966年4月
資本金 1,000万円
代表者 中川 奈美
決算期 9月30日
事業内容 ナイロンナットをはじめとする各種ゆるみ止めナットの製造・販売、
各種金属部品の製造・販売
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 りそな銀行

アクセスマップ

本社

近鉄八尾駅から、車で約10分

京都工場

JR与謝野駅から、車で約10分

沿革

1966年7月 吉田精工株式会社(旧社名)として大阪府東大阪市に各種金属加工及び各種緩み止めナット製造会社として設立する。
同年年国内各貿易商社を通じ北米市場へ各種ナットの販売を開始する。
1972年5月 米国コンチネンタルエアロファスナ-社へのナイロンナット供給の為の合意書を交わし販売を開始する。
1974年4月 日本国内へのナイロンナット及び各種特殊ナットの販売を開始する。
1980年6月 米国マ-キュリ-マリ-ン社へのナイロンナット供給の為の合意書を交わし販売を開始する。
1982年12月 代表取締役に柳原三郎氏が就任し、社名を現在のロックファスナ-株式会社へと変更する。
1987年7月 米国航空規格 適用ナット(M-LOCK)を米国向けに販売を開始する。
1988年4月 京都府与謝郡野田川町に丹後ファスナ-を100%出資の子会社として設立する。
1996年4月 丹後ファスナ-をロックファスナ-株式会社に吸収合併し自社工場とし、子会社名をロックファスナ-株式会社に統一する。
2005年1月 物流体制のより一層の強化を図るため、本社と生産部門の一部を統合し、新社屋へ移転する。
2009年4月 多品種少量品の納期短縮に対応する為、本社第二工場を稼働開始する。
2010年10月 本社第二工場にて、無人遠隔監視システムを稼働開始する。
2014年9月 代表取締役に柳原考至が就任する。
2016年8月 品質マネジメントシステム ISO9001:2008 認証登録
2017年10月 代表取締役に中川奈美が就任する。